すばら3

お知らせ、日記、メモ

Steamの話があいさつ

珍しく弟が遊びに来ました。
特に仲が悪いわけではないものの、用向きがなければふらっと立ち寄ることはないやつのこと。
今回は楽器じゃないほうのキーボードを購入するついでとのことでした。

「例のものはもってきたかな」
「Nintendo Switchですね。
それで、ちょっと手伝ってほしいんですが」
「ここは、一緒にぷよぷよテトリスをだね……何?」

弟が取り出したのはHuman Resource Machine。
なんてことないパズルゲームかと思ったら、これがなかなか侮れない。
プログラミングの教材みたいなゲームです。

「余裕だったな(コピー用紙にすごいあれこれ考えてた)。
えーっと、ここがこうなってだね……。
入力はよくわからないので、そっちで解釈してね」
「ありがとう。なんとかできました。
このゲーム、なかなか難しくってですね。
おっと、素数を選別する、なんてステージがありますね」
「まかせてくれ」
「あ、これは先のステージが見えているだけなので、まだ先の話になります。
続きは自分で購入して確かめたらいいんじゃないですか。
日本語版があるのでSwitchにしましたが、今、Steamでセール中です」
「ステルスマーケティングでもしに来たのかお前は」

「今回セールじゃないけど、LimWorldが気になっているんだ」
「……」
「なんだその顔は」
「セールにはなかなかならなさそうなので、もう買ってしまいました」
この野郎。お前にSteamを教えてやったのは誰だと思っているんだ。堪能しやがって。

***

ふと思い立って、Skyrimの購入時間をSteamで見てみました。
2013年の11月6日。
Steamに手を出したのは、だいたい3年半くらい前でしょうか。

慣れてくるとこんなものかなあ、と思うんですが、
引きこもり気質っていうんでしょうかね。
当時は一人プレイ用のゲームでも問答無用でインターネットにゲームがつながってしまうのがとても嫌で仕方がありませんでした。
それでもSteamに手を出したのはSkyrimの魅力に負けた感があります。

なんでもかんでもインターネットにつながってしまうのは今もそんなに好きではないんですが、面白いゲームには逆らえませんね。
Steamは大好きです。

PageTop