すばら3

お知らせ、日記、メモ

Ark Noir / 箱舟のノワールをプレイしていました

ソリティアがとっても好きです。
毎回の引きで、クリアできるかできないかっていうバランスが最高にいとおしい。
つまるところは不思議のダンジョンシリーズみたいなものなんでしょうか。
あの辺の、1プレイコンティニューなしみたいなローグライクゲームはどうしてああも中毒性があるんでしょうね。
慣れてくると先を見据えた行動ができて、だんだんと死ににくくなっていったりするのがなお悪い。
何が悪いって時間に悪い。しばらく飽きない。
ああいうゲームを延々とやっていると、ふっと我に返ったときに、なんとなく人間としての仕様というかバグめいた挙動をつかれているような心地になります。

というわけで、およそ3日ほどの空き時間をずっとDLsiteで購入したPCゲーム「Ark Noir / 箱舟のノワール」へと捧げていました。
クラックラになるくらいゲームをプレイするのは久しぶりです。
とっても楽しかったです!

沈みゆく移民船で、逃げ出した資源動物らを退けながら脱出艇を目指すゲームです。

このゲームは、引きの要素がものすごく楽しいです。
アイテムはすべて消耗品なのですが、とはいえ、強い武器は持っているだけで基礎能力値が上がったり、トレードオフがとてもよくできていて、毎回運がよかったなあ、だとか、悪かったなあ、とは思うのですが、不思議とそのことでイライラしないゲームです。
また、条件をそろえずともぱっとレアアイテムやレアParkが取得できるチャンスがあったりして、いつでもわくわくしていられます。
めったにない、とても良質なボードゲームに感じる満足感かもしれない……。
プレイするにつれて実績が解除されてゆき、開始時から取得できるParkが増えていくので、やってるうちにキャラクターが強くなるなあ、という実感があります。

キャラクターの口数は限られているのですが、くどすぎず雰囲気を壊さない叙述が非常に好きで、その中から背景を想像するのがとても楽しいです。
また、主人公たちだけでなく、NPCも非常に魅力的でして、とても良いんですよ……。
主人公ごとに知り合いがいて、イベントの細部や反応が違ったりして非常に楽しいです。
カロリーヌさんの妹はお姉ちゃん相手だと敬語が取れて信じられないほど可愛いし、ブルーノさん相手のモーリスさんの表情がたまらないし、アルベルトさんは同業者のヴィラさんの知り合いだから、ヴィラさんが冷たい人間じゃないことを知っています。

また、NPCに積極的に加害することはないまでも、見捨てたり、あるいはいっぱいいっぱいで見捨てざるを得なかったりする場合があって、それごとにエンディングが変わってくるんですが……まあ、楽しいです。
※シビアな取捨選択があるだけで、積極的に悪人ロールができるゲームではないと思います。

難点は全くないのですが、強いて言えば楽しかったのでもっと遊びたかった……!
でも5ステージっていうのがノーリセットの緊張感としては非常にちょうどよくて!よいどころか、お値段以上で……文句もないよね!
あとはもう、十分すぎるくらいのマルチエンディングなんですが、もう少し上の関係NPCの絡みでのエンディングが見たかったなあー!

それぞれの主人公のグッドエンドはどれも最高にそのキャラらしくて好きなんですが、一番好きなエンディングは「最後の希望」です。
購入された方は是非ご覧になってね!
ちょっとした特殊エンドです。
描写がとてもきれいで、美しかった……。
PageTop

野生のリンクが現れた!

弟の許可を得ずに弟のNintendo switchを触っていて、帰ってきたところでしめやかにホームポジションに戻したら、インタラクティブにでかでかと映し出されるブレスオブザワイルド。

弟よりボス攻略が進んでしまったのがロード場面でばれて、(しばらく)口を利いてもらえなくなりました。
ごめん。ごめんて。君のプレイを見ているから攻略が早くなるんだって。
もうマイホームを買ったとか絶対言えない。

今作のプレイヤーによってプレイスタイルが全然違うのが楽しいですよね。
だいたい、詰まったらコントローラーをパスすると抜けられます。

今のところ、Nintendo Switchに対する唯一の不満は、Wii Uの配線が塞がってスプラトゥーンがやりづらいことだけです。
もう少しおちついて、スプラトゥーンの新作か、StardewvalleyかSkyrimが出たら自分でも買おうかなあと思っています。

最近はこのブログでもゲームの話ばかりですね。
ノールさんがかわいくて仕方がありません。
ゾーラの里に住みたい。
PageTop

undertaleにはまっていました

ほったらかしている間に、うっかりブログに広告が出てしまいました。
前の記事がundertaleについての記事だったのでとても驚いています。
もう1ヶ月経ったの???その間ずっとPapyrusさんに夢中だったの???
うそだろー!?早い早い早い。
私の2017年の12分の1(弱)スケルトンだったのか。
undertaleはねー、とっても良いゲームです・・・・・・。

undertaleをおすすめしたいこと山のごとしですけれど、ものにはまるのにもタイミングってありますよね。
もうすぐ日本語公式訳も出るそうですし、きっとどんどん遊べるプラットフォームも増えていって、
縁があれば、いずれどこかで遭遇するようなゲームなんじゃないでしょうか。
だからといっておすすめしないわけじゃないんですけどね!
遊び方にもよりますが、とても前向きで明るくて、ヘンテコな生き物と希望に満ちたゲームだと思います。

Steamで、通常価格千円ほど、たまにセールの時は半額くらい。
音楽がとても素晴らしいので、サウンドトラック付きがおすすめです。
前述したようにとても人気のある作品なので、ネタバレなしで遊ぶのがお好きな方はできれば早めに遊んだ方が良いかもしれませんね!

2017年3月2日現在は日本語版はありませんが、非公式日本語パッチが素晴らしいので(公式訳が出たとしても、こっちはこっちでとっておこうかと思っているほどです)今遊んでも十分楽しめるはずです。

全般的に、親愛には親愛が、努力には相応の努力の結果が、報いが、とても細やかに跳ね返ってくるゲームです。
長くRPGをやっていると、セーブデータを分けてとっておいて何度も見たいと思うようなお気に入りのシーンがいくつかあると思うんですが、undertaleは怒濤のごとき密度と勢いでその瞬間が連続的に訪れるゲームでした。
ドット絵のなつかしさに、「あるある!知ってるー!」と軽い気持ちで頷いていると、多彩な演出に不意を突かれて笑わせられることでしょう。

ああー、この世界から離れがたい。ああー、もっと友情を育むゲームがやりたい。
個人的に、私はダイレクトにこのゲームのターゲット層だった気がします。
とても幸運なことでした。

キャラクターみんな!!!みんな!!!一人残らず好きなんだよ!!!愛してるんだ!!!

最近は長いのを書こうとしていたら、うまく閉じられなくて放り投げっぱなしのテキストのはぎればかり増えています。

また公式で日本語パッチが出たら紹介の記事を書こうかな?
でも、その時間を使って遊んでいる気がするんだよな!!!!!
PageTop

Undertaleプチ座談会

*Undertaleのネタバレを含みます
PageTop

Portal2二人プレイ

弟と一緒にPortal2をプレイしました。

私「3D酔いがひどいせいで、まともに本編すら攻略していないんだけど」
弟「まあまあ」

弟「あ、そことそこにポータルを開けて。ブロックを持って扉の前で待ってて。そうしたらこっちから~」
私「現場監督、何らかのレーザーが私をかすめたんだけど。労災を認定してくれ」
弟「このスイッチを押すとシャッターが開くのか」
私「現場監督、なんか壁が剥がれて銃を持ったロボットがこっちを撃ってきて死んだんだが」
弟「ああ、そうか、こっちを押しているとあっちが沈んでこっちが上がるから……」
私「現場監督、徐々にリフトが下がって水が迫って来てるんだけど」
弟「あ、出口がない。解き方は分かった。一旦仕切りなおそう」
私「現場監督、なぜだか壁が迫っ」

グラドス様:オレンジは後ろからついていってるだけですね。

なぜだかグラドス様にバレている。

私「現場監督、グラドス様がさっきから皮肉を言っているんだけど」
弟「あれ? そうなの? 応援してくれてるんじゃないの?」
私「嫌味だよ!!!!!!!!!!」

なぜだか満身創痍になりながらもとりあえずテストをクリアして爆発させられました。

私「そういえば君は一度も死んでないじゃないか。なんで私ばっかり死ぬんだ」
弟「2度ほど死んだよ。水に落ちて」
私「自損事故じゃないか!」

実力差のある人間とアクションゲームをプレイするとえらいことになります。
PageTop